トップ

動物性と植物性の乳酸菌

善玉菌代表の乳酸菌について

善玉菌代表の乳酸菌とは

腸内の環境を改善するのに欠かせないとされているのが乳酸菌です。でも、乳酸菌というワードは知っていても、その中身は細かく知らないという人のために、ここでは乳酸菌のことをご紹介していきましょう。

乳酸菌とは、オリゴ糖などの糖を栄養としながら発酵していき、乳酸を作るものです。人間の体の中にいる乳酸菌は、ビフィズス菌が有名でしょう。いわゆる善玉菌です。この善玉菌は、放置していると加齢とともに減少していきます。それ以外にも、偏った食事やストレス、運動不足のせいでも、善玉菌は減少してしまうのだそうです。

乳酸菌は、腸の中にいる乳酸菌やビフィズス菌を増やしてくれるという役割があります。腸の働きを良くしてくれて、悪玉菌が増えにくいように腸内環境を整えます。しかしながら、乳酸菌の寿命は短く、1週間ほどしか生きられません。定期的に摂取しなければ、腸の中の善玉菌はどんどん少なくなっていくでしょう。乳酸菌のことならこのサイトがためになります。

そんな乳酸菌ですが、実は動物性乳酸菌と、植物系乳酸菌に分かれると言われています。たとえば乳酸菌が入っている食べ物の代表といえばヨーグルトですが、ヨーグルトは「酸っぱい」イメージがありますよね。この酸っぱい味は、実は乳酸菌によるものなのです。他にも、乳酸菌飲料やチーズ、バターがあります。これらが、動物性乳酸菌です。

これ以外にも、実は漬物や味噌、醤油などにも乳酸菌が入っているそう。これらの食べ物に含まれている乳酸菌は、「植物性乳酸菌」です。ちなみに、「動物性乳酸菌」よりも、「植物性乳酸菌」のほうが過酷な環境に耐えやすいとされています。このように、乳酸菌のその性質を正しく知って摂取することで、より高い効果を望むことができるでしょう。

Copyright © 善玉菌代表の乳酸菌について. All rights reserved.